淫乱美熟女ナースと禁断の関係に…

これはナースと関係をもつきっかけになった体験談だ。今度会う約束をしているので熟女の年齢を重ねて熟れきった極上ボディを堪能したいとアソコが疼いている。学生時代に両手を骨折して入院していた時の話。2か月程入院しなければいけなかったので暇で暇で仕方なかった。友人がお見舞いに来てくれるんですが消灯時間もあり、そして学生時代なんて毎日猿のようにセンズリこいている時期なので両手を骨折しているとムラムラが欲求不満が止まらず毎日悶えていた。そんなある日、お風呂に入れないので担当の美熟女ナースに身体を拭いてもらっていた時の出来事。思春期で身体を見られるのも恥ずかしかったが両手が使えない事もあり当たり前のように濡れたタオルで股間を拭く美熟女ナース。何日もオナニー出来ない事もあり反応しだす僕のおちんちん。

自慢じゃないがなかなか居ない程の巨根なんですwあまりの大きさにビックリしたのか平気なフリをしながらも顔がどんどん赤くなる美熟女ナース。僕も我慢出来なくなりそっとおっぱいを揉んでみるとまさかの抵抗無し…Gカップくらいはありそうな程の巨乳を揉んでいると美熟女ナースも優しく手コキで奉仕し始めました。さらに「溜まってるんでしょ?誰にも言っちゃだめだよ…」そう言いながら優しいフェラでチンポをジュッポリ舐め回し始めた。久々の快感に数分程ですぐに大量射精してしまいました。綺麗にチンポを拭き取り何もなかったかのように美熟女ナースは仕事に戻っていきました…。